ヒゲ脱毛の麻酔の効果や種類を徹底解説!麻酔なしでも痛くない?

777view

ShinyaShinya

  • twitter
  • facebook
  • LINE

こんにちは、ヒゲ脱毛LoG の shinya です。

20代前半

ヒゲ脱毛は麻酔すれば痛くない?

20代後半

どの麻酔が自分にあってるのかな

30代前半

麻酔なしでも痛くない方法は?

上記のように、ヒゲ脱毛で使用する『麻酔』について疑問をお持ちの方も多いですよね。

 

ヒゲ脱毛は他の部位よりも痛みを感じやすくなっています

 

また、麻酔にも種類があり、自分にあったものじゃないと余計な料金を取られたり、効果がないことも。

 

今回は、ヒゲ脱毛専門ライターの私がヒゲ脱毛に使う麻酔について徹底解説

 

まずは、「ヒゲ脱毛は麻酔を使えば本当に痛くないのか」を解説します。

ポイント

・麻酔をすると脱毛は痛くないのか
・ヒゲ脱毛が痛みやすい理由
・ヒゲ脱毛の麻酔の種類と効果
・麻酔以外で痛みを減らす方法

3月おすすめのヒゲ脱毛キャンペーン

ヒゲ脱毛の麻酔は基本的に痛くない

ヒゲ脱毛の麻酔は数種類ありますが、どれを使用してもほとんどの場合は痛みを感じにくくなります

 

ただ、体質と使う麻酔によってはごく稀に効果がないことも…。そのため、自分にあった麻酔を選ぶことが大切です。

麻酔は医療クリニックのみで使用できる

麻酔は医者しかできない医療行為なので、医療機関であるクリニックのみで使用できます

 

医療クリニックで主に行われている『医療レーザー脱毛』は、光の出力が高く痛みが強いため、麻酔はほぼ必須です。

 

『光脱毛』や『ニードル脱毛』を行う脱毛サロンでは、麻酔は使えません。

ヒゲ脱毛の麻酔の種類と効果を解説

続いて、ヒゲ脱毛時に使用する3種類の麻酔について解説します。

PICK UP

【ヒゲ脱毛の麻酔3種】
①麻酔クリーム
②笑気ガス
③局所麻酔注射

①麻酔クリーム

麻酔クリームの特徴

利点:効果が高く、ほとんど痛みを感じない
欠点:効果が出るまで30分ほどかかる
使用クリニック:ゴリラクリニック、メンズリゼ

 

麻酔クリームは肌に塗って痛みを押さえます。効果が高く、効きにくい体質などもないので、ほとんどの方が脱毛の痛みを感じません

 

効果が出るまで30分ほどかかります。脱毛の30分前に麻酔クリームを塗って、効果が出るのを待つのは意外とめんどくさいです。

 

麻酔クリームを使用できるクリニックは、『メンズリゼ』と『ゴリラクリニック』です。

②笑気ガス

笑気麻酔の特徴

利点:早く効果が現れる
欠点:お酒に強い体質だと効きにくい
使用クリニック:メンズリゼ、湘南美容クリニック、ゴリラクリニック

 

笑気麻酔は吸い込むタイプの麻酔で、30秒程度の短い時間で効果が現れます。とても手軽なので、人気です。

 

お酒で酔っ払ったような状態になり、痛みへの感覚が鈍くなります

 

お酒と成分が似ているので、アルコールに強い体質の方は効きにくいです。効かない場合は麻酔クリームを使いましょう

 

笑気麻酔を使用できるクリニックは、『メンズリゼ』と『湘南美容クリニック』、『ゴリラクリニック』です。

③局所麻酔注射

局所麻酔

利点:とても効果が高い
欠点:注射が痛い
使用クリニック:ゴリラクリニック

 

局所麻酔は、麻酔の成分を注射して痛みを感じにくくします。歯医者の麻酔と同じです。

 

直接注入しているのでとても効果が高く、ほぼ痛みを感じません。ただ、注射自体は痛いので注意。

 

使用できるクリニックは『ゴリラクリニック』のみ。その『ゴリラクリニック』でもまずは上2つの麻酔を勧められるので、かなりマイナーな麻酔です。

ヒゲ脱毛が痛みを感じやすい2つの理由

続いて、なぜヒゲ脱毛は他の部位よりも痛みを感じやすいのか解説します。

【ヒゲ脱毛が痛みやすい理由】
①顔の皮膚が薄いから
②ヒゲが太くて濃い毛だから

①顔の皮膚が薄いから

ヒゲ脱毛の主な方法は3種類ありますが、どれも『毛に熱を当てる』ことで脱毛します

 

顔の皮膚は他の部位よりも皮膚が薄いため、この熱が皮膚内部に浸透して痛みを感じやすくなっています

 

また、顔の中でも『鼻下』や『口下』はより皮膚が薄いのでより痛みを感じやすいです。この部位を脱毛するなら必ず麻酔を使いましょう。

②ヒゲが太くて濃い毛だから

ヒゲは他の部位のムダ毛よりも太くて濃いので、より高い熱を当てないと脱毛できません。

 

そのため、他の部位よりも高い熱が肌に当たるので、痛みを感じやすくなっています。

 

ただ、脱毛が進めばヒゲは細くなるので、だんだん痛まなくなります。

麻酔以外でヒゲ脱毛の痛みを減らす3つの方法

続いて、麻酔以外で痛みを減らす方法を解説します。

PICK UP

【麻酔以外で痛みを減らす方法】
①光脱毛でヒゲ脱毛をする
②メディオスターでヒゲ脱毛をする
③体調を整えておく

①光脱毛でヒゲ脱毛をする

光脱毛は、光の出力が弱く設定されていて、肌に当たる熱の温度が他の脱毛方法よりも低いです。

 

そのため痛みを感じにくく、肌への負担も抑えられています

 

光脱毛サロンの中には肌を冷やしながら脱毛をすることで、『ほとんど痛みを感じない脱毛』を実現しているところがあります。

 

筆者も体験したことがありますが、かなり冷やされるので痛みは全く感じませんでした

 

麻酔を使わないで痛みを抑えたい場合は、そういった脱毛サロンを選ぶのがおすすめです。

早速、光脱毛を検討してみる

②メディオスターでヒゲ脱毛をする

『メディオスター』という機器は医療レーザ脱毛の一種です。

 

従来の医療レーザー脱毛機とは違い、『毛の生える原因細胞』を破壊して脱毛します。

 

『毛の生える原因細胞』は皮膚の浅いところにあり、脱毛の熱が低くても破壊できるので痛みを感じにくいです。

 

ただ、元々痛みが強い医療レーザー脱毛なので多少の痛みは感じます。「完全に痛みを無くしたい」という方は麻酔をしましょう。

③体調を整えておく

寝不足などで体調が悪いと、通常よりも神経が過敏になって痛みを感じやすくなります

 

また、気持ちが不安定になったりイライラしやすくなるので、通常なら耐えられる痛みが気になってしまう場合も。

 

ヒゲ脱毛を受ける前日は飲みすぎたり、夜更かしをせず、体調を整えるようにしましょう。

まとめ|ヒゲ脱毛の麻酔について

最後に、今回の内容をまとめます。

ヒゲ脱毛の麻酔 まとめ

  • 麻酔は基本的に痛くない
  • 麻酔が効きにくい体質も
  • 顔の皮膚は薄くて痛みやすい
  • 光脱毛は痛みを感じにくい

 

今回の要点は上記の4つです。麻酔はほとんど痛みを無くしますが、体質によっては効きにくい方も

 

麻酔を使わないなら『光脱毛』でヒゲ脱毛をすると痛みを減らせます

 

麻酔は1回2〜3000円ほどかかるので、予算と相談しながら使うかどうかを決めましょう

全国のヒゲ脱毛おすすめランキング

▼この記事を書いた人

Shinya

Shinya age : 28

ヒゲ脱毛専門ライター / ライター歴4年

高校生の頃からヒゲが濃く、『ヒゲヅラ』というあだ名で呼ばれて学生時代ずっと嫌な思いをしてきた。社会人になってからヒゲ脱毛を行い、人生がガラッと変わり、ヒゲ脱毛の素晴らしさを発信していこうと決意。ヒゲに悩む世の男性陣の味方!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME