ヒゲ脱毛

「ヒゲ脱毛が効果ない」と嘆く方が知るべき10の原因と5つの対策

821view

RyoRyo

  • twitter
  • facebook
  • LINE

こんにちは、ヒゲ脱毛LoGのRyoです。

20代前半

ヒゲ脱毛を始めたけど、なかなか効果が出ない

30代後半

3回目も施術に通っているのに、全然ヒゲが抜けている様子が見られない

20代後半

効果があんまりない時はどうしたら良いの?原因は自分なの?

 高いお金を払ってヒゲ脱毛を始めたのに効果を実感できないと不安になりますよね。

実際、ヒゲの濃さには個人差があるためヒゲ脱毛の効果には個人差があります!

 

しかし、ヒゲ脱毛を始めて効果がないと嘆く人の中は以下の2パターンにように分かれています。

 

・【実は抜けている】

・【本当に抜けていない】

  

この記事ではヒゲ脱毛の効果がないと感じる様々なケースについて解説し、それらの原因への対策をアドバイスします!

ヒゲ脱毛を始めたけど効果が見られず悩んでいる男性や諦めようとしている男性は一度立ち止まって、この記事を読んでみてください。

 

また、ヒゲ脱毛に伴うリスクを知ることができるので、これからヒゲ脱毛をする男性も読んでおいて損はありません!

3月おすすめのヒゲ脱毛キャンペーン

ヒゲ脱毛の効果がないと感じてしまう10の原因

「ヒゲ脱毛の効果がない」と感じる男性はなぜヒゲ脱毛の効果を感じないのでしょうか。

 

何らかの理由でヒゲ脱毛の効果が出ていない場合だけでなく、実は効果が出ているのにその効果に気がついていない場合もあります!

 

ヒゲ脱毛に通ってもなかなかヒゲが減らない人は、以下のチェック事項を疑ってみましょう。

 

ポイント

  • 脱毛方法が合っていない
  • ヒゲが白髪・薄い場合
  • 光脱毛・フラッシュ脱毛の出力が弱い(肌トラブル)
  • ヒゲが人より太くて濃い
  • 抜けているヒゲに気づいていない
  • 施術回数が少なすぎる
  • 泥棒ヒゲ・硬毛化
  • 毛周期
  • 乾燥肌
  • 色黒

 

脱毛方法が合っていない

そもそも脱毛方法が合っていない可能性があります!

 

ヒゲ脱毛するには光脱毛(フラッシュ脱毛)、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛と三種類の脱毛方法があり、それぞれ特徴が異なります。

 

ヒゲが薄い人や濃い人など一人ひとりのヒゲに応じて適切な脱毛方法があるため、効果がなかなか感じられない人は今一度脱毛方法を見直した方が良いかもしれません。

ヒゲが白髪・薄い場合

 

ヒゲが白髪や薄い場合は本当に効果が現れていない場合があります!

 

価格や痛みの少なさから多くの人に選ばれている光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザー脱毛は、白髪混じりのヒゲや細くて薄い毛へ高い脱毛効果を期待できません。

 

これらの方法はヒゲの黒いメラニンに反応する機器を使用しているため、ヒゲに白髪が混じっていたりヒゲが薄かったりすると高い効果が現れません。

 

価格や痛みの少なさから多くの人に選ばれていますが、万人に効果があるわけではありません。

 

一方で、毛穴一つずつに電気の流れる針を刺すニードル脱毛は、どんなヒゲでも高い脱毛効果が期待できます。

 

施術には時間・手間・費用がかかりますが、高い効果があることは事実です!

 

自分の肌質や毛質などの状態に合わせた方法を選ばないと脱毛の効果が現れない場合があるので、不安な場合は専門家に一度相談してみましょう!

光脱毛・フラッシュ脱毛の出力が弱い(肌トラブル)

先ほどお伝えしたようにニードル脱毛は高い脱毛効果があり、一度施術した毛穴から毛が生えてくることはありません。

 

しかし、光脱毛(フラッシュ脱毛)・レーザー脱毛は一度の施術で毛がなくなるわけではなく、あくまでも期間をかけて施術を受け続けることで脱毛効果が目に見えて現れます。

 

実際サロンやクリニックでは施術者が出力を調整しているため、出力が弱すぎて効果が現れていないケースもあります。

 

施術者は脱毛を受けている人の肌・ヒゲの状態や痛がり具合を見て、出力を調整しているため、肌荒れや乾燥がひどかったり痛みに弱かったりすると出力を弱められてしまいます。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛に通っているのに、ヒゲの生え方に変化が感じられない人はぜひ施術者に出力の具合に関する質問をしてみてください。

ヒゲが人より太くて濃い

一般成人男性のヒゲは1万本から2万本とされていますが、ヒゲの本数や太さには個人差があります。実際、ヒゲが細くて薄い人より太くて濃い人の脱毛の方が大変です。

 

あまりヒゲ脱毛してもヒゲの濃さが変わらず不安になっている人は、自分自身のヒゲが一般的な濃さなのか、それとも人よりも濃いめなのかなど現状を把握した上で脱毛プランをしっかり立てるべきです。

 

適切なプランニングをすればどれくらいの期間がかかり、どれくらいの費用が必要か見えてくるので不安が軽減します!

抜けているヒゲに気づいていない

光脱毛やレーザー脱毛の施術は即効性がないため、実は効果があるけど抜けている毛に気がついていない場合があります。

 

光脱毛やレーザー脱毛は光やレーザーを照射することで毛母細胞がダメージを受けて、毛が抜け落ちる仕組みです。

 

ニードル脱毛の場合は処理した毛穴の毛がすぐなくなる為、抜けている毛に気がついていないケースはありません。

 

しかし、光脱毛やレーザー脱毛の場合は処理してすぐに毛が抜けるのではなく、数日後にダメージを受けた部分の毛が抜け落ちる為に知らぬ間に抜けている場合がほとんどです。

 

突然大量に毛が抜け落ちることがないので、抜けているのに気がついていない場合が多いです。

 

【関連記事】ヒゲ脱毛で毛が抜けるまでの平均日数と抜け始めるまでの全対策

施術回数が少なすぎる

先ほどもお伝えしましたが、ヒゲ脱毛は一度きりの施術では目に見える効果は現れません。

施術回数の目安

  • ヒゲのお手入れを楽にしたい  施術5~10回
  • 完全にツルツルにしたい    施術10回以上

 

施術回数が少ない場合に毛が減らないのは、ヒゲ脱毛の効果がないのではありません。

 

脱毛効果が現れてくるのは平均で5回目以降ですので、少なくとも5回は施術を受けてからでないと【ヒゲ脱毛に効果がない】とは言えません!

泥棒ヒゲ・硬毛化

光脱毛やレーザー脱毛を行った直後ヒゲが濃く見える場合があり、「脱毛効果がない!」と感じる人もいます。

 

これは【泥棒ヒゲ】と言われる現象で、原因は主に二つあります。

 

  • レーザーの熱で炭化したヒゲが普段よりも黒く見える
  • レーザーの熱でヒゲの表面のキューティクルが広がって膨張する

 

これは長く続く現象ではなくしっかり炎症を抑えるケアと保湿ケアを怠らずに続けていけば、自然とヒゲは抜け落ちるので心配いりません。

 

また、光脱毛やレーザー脱毛の隠れたリスクである【硬毛化】が発生している場合も考えられます!

 

これは光やレーザーの施術を受けた産毛や細い毛が脱毛されるのではなく、目立つレベルに成長してしまったり少し硬くなってしまったりする現象です。

 

「結構施術に通っているのに毛が減らないな〜なんか硬いかも?」

 

と感じた場合は硬毛化を疑ってみてください!

 

この硬毛化の原因は未だ解明されていないために、防ぐことは難しいのが現状です。

 

しかし、硬毛化してしまったからといって脱毛出来ないわけではなく、施術の回数を重ねていけばその部分も脱毛できるのであまり心配は要りません。

 

より詳しく知りたい方は、ぜひ【ヒゲ脱毛したのに濃くなる「泥棒ヒゲ」と「硬毛化」の原因と対策を解説をご覧ください。

毛周期

脱毛の効果が出にくい場合には、毛周期に合わせて施術ができていない場合も考えられます。

 

そもそも毛には【成長期】【退行期】【休止期】と3つのサイクルがあり、光脱毛やレーザー脱毛は【成長期】の毛にしか効果がありません

 

また、この毛周期を厳密に見極めることは困難で、部位間での差や個人差があります。

 

大体2ヶ月間隔で照射を推奨しているサロンやクリニックが多いですが、これは2ヶ月以内に施術をしても十分な脱毛効果が得られない為です。

 

「頻繁に施術を受けているのに効果がないなあ」という人は毛周期に合わせた効果的な脱毛が出来ていない可能性があります。

 

一度施術の間隔を見直してみてください!

乾燥肌

脱毛の効果が薄れてしまう原因の一つに【乾燥肌】があります!

 

肌の水分量が低いと光やレーザーが伝達されにくくなり、毛穴の奥にある毛母細胞に十分なパワーが伝わりにくくなります

 

その結果、乾燥肌の場合は脱毛の効果が現れにくくなっている場合があるのです!

 

また、肌が乾燥していると光やレーザーを当てると肌が火傷してしまうリスクもあります。

 

「あれ、あんまり肌の保湿に気を使っていなかった!」という男性は乾燥肌が原因かもしれませんね。

色黒

決められた日程で施術に通っているのに、脱毛効果がなかなか出ない男性は肌が【色黒】なことが原因かもしれません。

 

光脱毛やレーザー脱毛の場合は黒い色に反応する光やレーザーを用いて施術するため、肌が色黒だと施術に悪影響が出ます。

 

強いパワーで照射すると色の黒い肌に対する負担も高まってしまう為、弱いパワーでしか照射できないケースがあります。

 

ニードル脱毛であれば肌の色は関係なく施術ができますが、色黒の人は光脱毛とニードル脱毛の場合は注意が必要です。

ヒゲ脱毛の効果がないと感じてしまった際の5つの対策

前章ではヒゲ脱毛の効果がないと感じてしまう原因をお伝えしましたが、この章では効果がないと感じてしまった場合対策をお伝えします!

 

「全然効果ないみたいだし、行くのやめよっかな〜」という男性、ちょっと待ってください!

 

ちょっとしたことで、ひょっとするとこれまで感じられなかった脱毛の効果を実感できるかもしれません!

 

ポイント

  • 保湿対策を行う
  • 機器を変えてもらえるか相談する
  • 光脱毛・レーザー脱毛とニードル脱毛を併用する
  • 毛周期に合わせて脱毛スケジュールを変更する
  • 乗り換え割のあるサロンを探そう

保湿対策を行う

あんまり効果がないな〜と感じる男性は、まずはしっかり保湿対策が出来ているか見直すべきです!

 

【乾燥肌】だと脱毛の効果を実感しにくいことは前章でお伝えしましたが、肌の水分量は脱毛効果を左右します

 

乾燥肌だと光やレーザーが皮膚の奥まで届かない場合があり、そうするとしっかり毛母細胞にダメージを与えることができません。

 

せっかく同じお金と手間をかけて施術をかけているのに、ちょっとした差で効果を実感できないなんて悔しくないですか?

保湿対策

  • 化粧水
  • 乳液

 

世の中には様々な商品が溢れていて、どの商品が良いのかわからない男性も多いかと思います!そこで、乾燥肌の男性にオススメしたい保湿対策の商品をご紹介します!

 

◉これ一本で安心!『ミスター スキンジェルローション』

ミスター スキンジェルローション
販売メーカー オルビス
価格 1,600円(税抜)
150ml
タイプ オールインワン
塗り心地 サラサラしているがしっかり肌を包んでくれる
特徴 保湿成分『浸透型コラーゲン」配合

 

 

◉美容成分がたっぷり!『THE TONER』

THE TONER
販売メーカー BULK HOMME(バルクオム)
価格 3,000円(税抜)
200ml
タイプ 化粧水
塗り心地 ベタつかないけど肌がもっちりする感じ
特徴 保水成分「トレハロース」配合

 

 

◉安心価格!『化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ』

化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
販売メーカー 無印良品
価格 1,112円(税抜)
400ml
タイプ 化粧水
塗り心地 さっぱりしながら肌へ浸透するともっちり
特徴 高保湿型『ヒアルロン酸』配合、肌への刺激が少ない

機器を変えてもらえるか相談する

しばらく施術を受けても効果が現れない場合には、機器を変更してもらえるかサロンやクリニックで相談することをオススメします。

 

その脱毛機器が肌質や毛質に合っていないケースも考えられ、機器を変更することが効果を実感する近道の一つになり得るのです。

 

光脱毛やレーザー脱毛機器にはそれぞれ特徴がある為、肌質や毛質に適した種類があります。

 

特に医療レーザー脱毛では様々な脱毛機器があり使用するレーザーの種類も異なる為、効果を実感するために【機器を変える】のは有効的な対策です。

 

◉医療レーザーの種類と特徴

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザ YAGレーザー
波長の長さ 755nm 810nm 1064nm
メラニン(黒色)への反応 強い 普通 弱い
メリット アジア人の肌質・毛質に効果的 万人に相性が良い 色黒でも施術できる
デメリット 産毛や細い毛には効果が出にくい あまりない 黄色肌には効果が出にくい
特徴 美肌効果 幅広いニーズに対応 色素沈着した肌でも施術可能

 

レーザーによって異なる脱毛機器

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ヤグレーザー
  • 複合機器

 

◎アレキサンドライトレーザー

ジェントルレーズの特徴

  • 日本人のメラニンリョウと相性が良い
  • ジェルが不要でスピーディーな施術
  • 皮膚を保護する冷却装置付き
  • 産毛への効果は薄い
  • レーザーが肌のコラーゲン生成を促進

 

◎ダイオードレーザー

ライトシェア・デュエットの特徴

  • テ吸引機能が皮膚へのダメージ・痛みを抑制
  • 短時間で効果的にレーザー照射できるため産毛にも対応

メディオスターNextPROの特徴

  • 蓄熱式で痛みが少ない
  • 冷却装置付きで照射時に熱を緩和

ソプラノの特徴

  • 蓄熱式で低出力のレーザーを繰り返し照射できる
  • 打ち漏れが少なく痛みが少ない

 

◎ヤグレーザー

ジェントルヤグの特徴

  • 日焼け肌・色素沈着への施術が可能
  • レーザーの波長が長く、長い毛にも対応
  • ジェルが不要でガス冷却システムで火傷防止機能付き

 

◎複合機器

光脱毛・レーザー脱毛とニードル脱毛を併用する

光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛は施術を受けられる場所がサロンやクリニックと異なりますが、実は複数種類の施術を併用しても害はありません

 

同時に何回も施術を受けると肌への異常な負担がかかってしまうことがありますが、サロンやクリニックで定められた期間や回数を守れば両方の施術を受けることが可能です。

 

メラニン色素(黒色)に反応する光・レーザーを使用する脱毛に加えて、電気の流れる針を毛穴に差し込む脱毛方法を組み合わせれば、自分の肌質や毛質に効果的な脱毛が受けられます。

 

顔の中でも毛が濃い部分と薄い部分があり、同じ回数の光脱毛やレーザー脱毛で処理し終わるかどうかはわかりません。

そこで、高い脱毛効果を求めるなら併用も検討してみてください。

 

ニードル脱毛の特徴

  • 毛質を問わず永久脱毛効果
  • 即効性
  • 痛みが強い
  • 施術に時間がかかる

 

実際に、【毛の濃い部分はニードル脱毛】、【毛の薄い部分はレーザー・光脱毛】で処理するとかなり有効的に脱毛できる場合が多いです!

毛周期に合わせて脱毛スケジュールを変更する

脱毛は施術のタイミング次第で効果に違いがあり、毛周期に合わせたスケジュールでの脱毛が高い脱毛効果をもたらします。

 

なかなか毛が抜けないな〜と感じる男性は、今一度ご自身のスケジュールを見直してみてください。

 

毛には育毛サイクルがあり、脱毛の効果が最も現れるのは【成長期(後期)】で、毛が最も太い状態を指しています。

 

脱毛の効果が最も現れる時期に脱毛をする方が効率的であるため、【成長期(後期)】になるまで間隔をあける必要があります。

 

◉育毛のサイクル

【 ①成長期(前期) ⇒ 成長期(後期) ⇒ ②退行期 ⇒ ③休止期 】

【重要】ヒゲ脱毛の正しい通院間隔 | 期間のあけすぎはNG?!をご覧ください。

毛周期に合わせた手法ごとの脱毛スケジュール

  • 光脱毛:1ヶ月
  • レーザー脱毛:1~2ヶ月
  • ニードル脱毛:ヒゲの長さが1mm以上になったら

 

乗り換え割のあるサロンを探そう

施術の効果をあまり実感できない場合はサロンやクリニックを変えてみるのも一つの対策です。

 

だらだらと同じサロン・クリニックで効果を感じない施術を受け続けるのではなく、思い切って乗り換えるのも効果的です。

 

【乗り換え割】を用意しているサロン・クリニックが多くあるため、それを利用して環境を変えてみるのも良いですね。

 

ここで、【乗り換え割】があるサロン・クリニックをご紹介します!

 

◉ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
割引内容 コース料金が10%オフ
必要なもの 脱毛サービスを利用していたことがわかる書面・契約書など
注意 ・初回契約時のみ

・ヒゲ単部位での契約は適用外

・他の割引との併用不可

 

 

◉メンズリゼ

メンズリゼ
割引内容 コース料金が10%オフ
必要なもの 脱毛サービスを利用していたことがわかる書面・契約書など
注意 ・初回契約時のみ

・ヒゲの一部分での契約は適用外

・青森、盛岡、いわき、郡山は対象外

・他の割引との併用不可

 

解約するサロンやクリニックの契約書を捨てずに持っておかないと【乗り換え割】が適用されないので、しっかり保管しておきましょう!

まとめ

では、この記事をまとめます。

まとめ

 

  • 光脱毛やレーザー脱毛の効果はすぐには現れない
  • 日頃の【保湿】ケアが脱毛の効果を左右する!
  • 施術方法次第で即効性の有無は変わる
  • 施術方法や脱毛機器はサロン・クリニックに相談すれば変えられる可能性あり
  • 光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛は併用できる
  • 毛周期に合わせた脱毛スケジュールは脱毛効果が高い

 

効果が現れない原因やヒゲ脱毛の効果を高める対策をご覧になり、いかがでしたでしょうか?

 

ヒゲ脱毛の効果に気がついていないだけの場合は、そのまま施術を続けていけば問題ありませんが、本当に【ヒゲ脱毛の効果がない】場合にはしっかり対策したいですよね。

 

お金を払っているからこそ、ちゃんと脱毛効果を実感したいはずです。

 

現在脱毛効果をあまり実感していない男性は、ぜひこの記事で紹介した対策を参考にしてみてくださいね。

全国のヒゲ脱毛おすすめランキング

▼この記事を書いた人

Ryo

Ryo

メンズ脱毛・メンズメイク・スキンケアなど、日々メンズの美容を追求しています。学生の頃に、はじめてヒゲ脱毛を経験して、現在では全身脱毛を完了済み。ヒゲ脱毛を中心に男性の美容情報を発信しています!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME