【経験者に聞いた】ヒゲ脱毛で後悔する6つの理由と4つの対処法

2,309view

RyoRyo

  • twitter
  • facebook
  • LINE

こんにちは、ヒゲ脱毛LoGのRyoです。

20代前半

大金を払ったけど施術が痛くて続けられない…

20代後半

もう一生ヒゲが生えてこないとなるとさみしい。。

30代前半

奥さんや彼女から不評!

お肌がツルツルになりヒゲ剃りの手間から解放されるヒゲ脱毛ですが、実際にヒゲ脱毛をした人の中には【後悔】している人もいます。

 

ヒゲ脱毛をしてからヒゲを取り戻すことはできないので、ヒゲ脱毛をするとどのような後悔をする可能性があるのかを知っておくべき必要がありますよね。

 

 

ヒゲ脱毛をして後から後悔しないためには、事前に以下の2つのポイントを押さえておくべきです!

ポイント

・ 脱毛した場合自分自身の印象はどうなるのか

・ 脱毛で生じる費用と痛み

 

 

しっかり心構えをしてからヒゲ脱毛すれば防げる後悔がほとんどですので、この記事ではこれからヒゲ脱毛をしようと考えている人が事前に知っておくべきポイントを解説します!

3月おすすめのヒゲ脱毛キャンペーン

経験者に聞いたヒゲ脱毛で後悔する6つの理由

 

ヒゲ脱毛によって後悔する人の意見は以下のようなものがあります。

ポイント

①周囲からの評判が期待と違う

②効果がすぐに出ない

③思っていたよりお金が必要!分かっていたけど痛みが強い!

④脱毛したのにまた毛が生えてきた

⑤再びヒゲを生やしたくなってきた

①周囲からの評判が期待と違う

ヒゲ脱毛をしてから彼女や家族に「ヒゲがあった前の方が好きだったな〜」という一言を言われた人がいます。

 

良かれと思ってお金をかけてヒゲ脱毛をしても、家族・恋人・友人から不評だと悲しいですよね。

 

清潔感がなくだらしないように見られがちなヒゲでも、その人によってはあったほうが良い場合もあります。

以下のような人はヒゲ脱毛に“待った”をかけるべきです

 

 ・ヒゲのある芸能人に憧れている

 ・ヒゲ脱毛に関する周囲の人の意見を聞いていない

 ・ヒゲを一度でも他の人に褒められたことがある

 

②効果がすぐに出ない

 

ヒゲ脱毛は一度サロンやクリニックで施術を受けたからといって、すぐにヒゲがなくなるわけではありません。

光脱毛とレーザー脱毛の回数の違い

  • 光脱毛
    ➡︎施術頻度はおよそ2ヶ月に1回で、脱毛完了には15回以上
  • レーザー脱毛
    ➡︎施術頻度は2〜3ヶ月に1回で、脱毛完了には5〜6回以上

 

脱毛の種類や個人差もありますが、永久脱毛するにはどの方法でも平均で1年はかかります。

 

せっかく時間を割いてサロン・クリニックに通っているのに、効果がなかなか出ない人はヒゲ脱毛したことを後悔するケースもあります。

③比較的に料金が高い

サロン・クリニックのプランによりますが、ヒゲ脱毛の効果を得るためにはある程度のお金がかかります。

 

6回3万円代もあれば、6回で6万円代の脱毛もあります。

 

一回ごとに料金を支払うプランもありますが、一度でヒゲがなくなるわけではないので結果的にはお金がかかります。

 

回数が決まっているプランで効果が見られない場合には、追加料金で施術を追加する必要が出てきます。

 

自分のヒゲがどのくらい施術を受ければ脱毛されるのかがわからないので、最初に脱毛にかかる全ての費用がわからないのが難点ですよね。

 

そうなると予想以上にお金がかかり、『こんなにお金がかかるなんて』と後悔する人も出てくるのです。

 

④分かっていても痛みが強い

30代前半

ニードル脱毛の痛みは想像以上で、ついに耐えきれなくなって通わなくなってしまった…

20代後半

レーザー脱毛に通っているけど、毎回やけどのような痛みが続いて苦しい…

 

個人差はありますが、ヒゲ脱毛には痛みが伴います。

 

脱毛には光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛、ニードル脱毛と複数種類がありますが、効果が高いニードル脱毛やレーザー脱毛ほど痛みが強いという意見が多いです。

 

実際にヒゲ脱毛をしている人の中には、施術が痛すぎて途中でサロンやクリニックへ行かなくなる人もいるみたいですよ。

 

痛みが不安で後悔したくない人は、事前に脱毛の体験コースを受けてから入会することをお勧めします!

⑤脱毛したのにまた毛が生えてきた

ヒゲの成長は男性ホルモンの量と関係があり、男性ホルモンがある限りヒゲが生えてくる可能性があります。

 

特にヒゲの成長ピークは25歳頃ですので、高校生や大学生などの段階でヒゲ脱毛をした人はまた再びヒゲが生えてくるリスクが高いです。

 

せっかお金と時間を費やしてヒゲ脱毛をしてもその効果が十分に得られない可能性もあることを考慮して、ヒゲ脱毛をするタイミングを定めましょう!

⑥再びヒゲを生やしたくなった

ヒゲ脱毛をする際は、【永久脱毛】と【薄くする】2つの選択肢があります。

 

久脱毛はヒゲの手入れが格段に楽になったり肌トラブルが減ったりするメリットがありますが、一度永久脱毛したヒゲはもう生えてきません。

 

若いうちにヒゲが邪魔だからといって永久脱毛してしまうと、40代・50代になってヒゲが欲しくなった際にはもうヒゲを取り戻せません。

 

ただヒゲの手入れが面倒でヒゲ脱毛をしようとしている人は要注意です!

 

「数回脱毛の施術を受けたらヒゲが薄くなって手入れが格段に楽になった」

「ツルツルにしたいと思っていたけど、だいぶ減ったからあとは自己処理でなんとかなりそう」

 

のように数回の施術でヒゲの自己処理が楽になるレベルまでヒゲは減りますので、一度その段階で本当に永久脱毛が必要なのかどうか考えてみてください。

 

自分自身にとってヒゲが一生必要ないのかどうかを考えてからヒゲ脱毛しないと後々後悔に繋がります。

サロン担当に聞いたヒゲ脱毛の施術法で異なる後悔

ヒゲ脱毛には、光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛、ニードル脱毛と3つのやり方があり、それぞれ費用・施術期間・方法などが違います。

 

この章では、種類別に脱毛後に発生する可能性が高いお悩みを解説します。

ポイント

光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛で異なる後悔

ヒゲ脱毛には光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛と3種類があり、それぞれの種類には様々なデメリットがあります。

 

良いところもあれば悪いところもあり、以下の表にそれぞれの種類ごとのデメリットをまとめました。

 

このようにそれぞれの方法でかなり特徴が異なるため、しっかりとデメリットを理解しておかないと後悔することになります。

光脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
痛み ほぼない 多少あり かなりある
効果の即効性 多少あり 多少あり あり
永久脱毛 難しい 期間次第では十分可能 確実
価格 安い 普通 高い

 

光脱毛は効果の即効性がなく永久脱毛が難しいですが、痛みがほぼありません。
しかし、レーザー脱毛は痛みがある分永久脱毛も可能なほど刺激の強い施術が受けられる一方、永久脱毛した場合にはもう二度とヒゲが生えてくることはありません。

 

そして、ニードル脱毛は確実な効果と即効性がある分、価格がほかの方法と比較してかなり高いという特徴があります。

ヒゲ脱毛で後悔しないための対処法4選

ここまでは様々な理由でヒゲ脱毛したことを後悔する人がいることをお伝えしてきました。

 

では、この章ではこれからヒゲ脱毛をする人が後悔しないために知っておきたいポイント解説していきます!

ポイント

①ヒゲ脱毛には適齢期がある

②自分に合うヒゲ脱毛プランを選ぶ

③ヒゲ脱毛に関する周囲の意見

④ヒゲ脱毛による行動の制限

 

では、早速一つ目からみていきましょう!

 

①ヒゲ脱毛の適齢期に合わせる

ヒゲ脱毛にはヒゲの成長ピークを考慮した適齢期が存在し、それは20代後半から30代です。

 

◎年齢ごとのヒゲ脱毛の効果

 

高校生でヒゲ脱毛をした人の中には、「あ〜またヒゲが生えてくるならもうちょっと我慢してから脱毛すれば良かった。あんなに手間と費用をかけたのに。」と嘆く人もいます。

 

早過ぎるタイミングでヒゲ脱毛すると、再びヒゲが生えてきてしまう可能性があります。

 

「本当にヒゲ脱毛すべきヒゲの濃さなのか」
「ヒゲの成長ピークが終わっていなくてもヒゲ脱毛をすべきなのか」

 

これらのことを自分で考えるだけではなく、専門家とも相談してみると、ヒゲ脱毛を始めてから後悔しなくてすむのかもしれませんね。

 

また、逆に遅すぎる脱毛は脱毛方法によっては効果が低い場合もあります。

 

白髪混じりのヒゲだと黒い色素が少ないので、光脱毛やレーザー脱毛の効能が薄れてしまいます

 

このように、どの年齢でヒゲ脱毛をするかによって発生するリスクはそれぞれ異なります。

 

ヒゲ脱毛の効果が高く最もその恩恵を受けられる適齢期としては20代後半から30代ですが、自分自身に適したタイミングを考慮しましょう!

②自分に合うサロン・クリニックやプランを選ぶ

後悔しないヒゲ脱毛をするためには、自身の目的や理想に適したプランを選ぶ必要があります。

後悔しないサロン・クリニックを選び方3STEP

  • ①目的を定める
    【永久脱毛】【ヒゲを薄くする】など
  • ②プランを知る
    【定額コース】【1回ごとに支払う】など
  • ③アフターフォローや割引について確認
    【コース終了後の割引】【照射漏れの保証】、【肌荒れのサポート】、【プラン変更の有無】など

③ヒゲ脱毛に関する周囲の意見を頭に入れる

ヒゲ脱毛を後悔する人の中で多いのは、「周囲から不評なのでまたヒゲを生やしたい」という意見です。

 

ヒゲの手入れが大変で思い切ってヒゲ脱毛をした40歳の男性は、奥さんから「ヒゲがあったほうがダンディで素敵だったのに」と言われてしまい後悔したそうです。

 

良かれと思ってヒゲ脱毛をしても、身近な家族や友人からヒゲが合った方が良いと言われたら悲しい気持ちになりますよね。

 

まず、後悔しないために個人の思いと周囲のイメージを照らし合わせてみましょう。

 

最終的にどちらを選択するかは脱毛する本人が決めることですので何も言いませんが、決断する前に一度周囲からの意見にも耳を傾けることが大切です。

④ヒゲ脱毛後のケアを徹底する

ゲ脱毛は発毛細胞にダメージを与えるために肌に刺激を与える行為ですので、一時的に肌トラブルを起こすリスクがあります。

 

そのリスクを少しでも下げるためには、以下の事項を避けなければなりません。

注意喚起

 

  ・日焼け

  ・乾燥肌

  ・吹き出物

  ・肌へのあらゆる刺激

 

 

トラブルなく効果的なヒゲ脱毛をするためには、リスク管理を徹底できるプランニングをしなくてはなりません。

 

サロンやクリニックで用意されている光脱毛やレーザー脱毛の定額コースは5、6回が多いです。

 

施術はおよそ2ヶ月に1回程度ですので、【完全脱毛】を目指す人であればおよそ1年の期間が必要になります。

 

特に脱毛を始めた初期のころは肌の状態が不安定になりがちですので、脱毛開始は日焼けすることの多い夏場を避けるのがベターです。

 

秋で日焼け肌が落ち着いた頃にスタートすればちょうど次の夏ごろには、だいぶ効果が表れているはずです。

 

この章では、これからヒゲ脱毛する人が知っておけば後悔する可能性が低くなるポイントをお伝えしました。

 

それでは、最後にこの記事のまとめをお伝えします。

まとめ

この記事はヒゲ脱毛をしてから後悔しないように、様々なポイントをお伝えしました。ヒゲ脱毛で後悔するケースと対処法をまとめると、

後悔するケース

 

 ・【ヒゲ脱毛】に対する周囲の意見を聞いていない

 ・【ヒゲ脱毛】の金銭的・時間的コストを把握していない

 ・【ヒゲ脱毛】の効果に不満がある

 

後悔しないための対処法まとめ

  • 家族や恋人・友人に自分がヒゲ脱毛することを相談しておく
  • ヒゲ脱毛の仕組みや種類を正しく理解する
  • 無理のない脱毛プランをたてる
  • 無料の体験・カウンセリングを利用する
  • サロンやクリニックの保証・割引を確認しておく

 

ヒゲ脱毛に関して正しい知識をもっていれば後悔する可能性も低いので、ぜひこの記事でお伝えした【ヒゲ脱毛で後悔しないために知っておきたいポイント】を参考にしてみてください!

全国のヒゲ脱毛おすすめランキング

▼この記事を書いた人

Ryo

Ryo

メンズ脱毛・メンズメイク・スキンケアなど、日々メンズの美容を追求しています。学生の頃に、はじめてヒゲ脱毛を経験して、現在では全身脱毛を完了済み。ヒゲ脱毛を中心に男性の美容情報を発信しています!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME