ヒゲ脱毛

【ヒゲ脱毛】脱毛石鹸の基礎知識や注意点・選び方 | 経験者おすすめ5選まとめ

1,325view

ShinyaShinya

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ヒゲ脱毛LoGのShinyaです!

20代前半

脱毛石鹸?石鹸を使うだけでヒゲ脱毛ができるの?しかもそんなに高くないぞ・・・

20代後半

石鹸で脱毛できちゃうなら脱毛サロンとか通う必要なくない?

30代前半

いやいや、石鹸で脱毛できるとか逆に怖いぞw

今、美容ケアへの意識が高いメンズの一部で「脱毛石鹸」なるものが話題になっています。

 

高くても数千円で入手できる脱毛石鹸で本当にヒゲ脱毛ができるのであれば、便利ですよね?一方で、石鹸を使うだけで脱毛ができるというのもちょっと怖い、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は脱毛石鹸に関する基礎知識や脱毛石鹸を使う際の注意点、経験者の視点から選ぶおすすめの脱毛石鹸などまとめています。

 

この記事を読むことで、脱毛石鹸が自分に適したアイテムなのかや、脱毛石鹸を使うとしたらどれを選べばいいのかといった疑問が解消されます。

ポイント

・脱毛石鹸の効果
・脱毛石鹸をヒゲに使う時の注意点
脱毛石鹸の選び方
経験者目線から見たおすすめの脱毛石鹸

3月おすすめのヒゲ脱毛キャンペーン

脱毛石鹸でヒゲ脱毛する前の基礎知識

脱毛石鹸とは、通常の石鹸と同じように使うだけで体毛の処理をすることができる石鹸です。

 

インターネットの通販などで簡単に手に入り、しかも自宅の浴室で通常の石鹸と同じように、気になる箇所を洗うのに使うだけと、使い勝手もバツグンのアイテムです。

 

ヒゲ脱毛に脱毛石鹸を用いる前に、簡単な基礎知識を説明します。

ポイント

✔脱毛石鹸で得られるのは「除毛」と「抑毛」の効果
✔脱毛石鹸は使って即時に効果が得られるわけではない
✔ヒゲは最も脱毛しにくい毛の一つ

脱毛石鹸で可能なのは「脱毛」ではなく「除毛」と「抑毛」

ただ、いきなりなのですが、脱毛石鹸に「脱毛」の効果はありません。

 

得られるのは「除毛」と「抑毛」の効果です。

 

表面の毛を取り除き(除毛)、毛の成長を抑える(抑毛)ことで一時的に毛を無くす効果が期待させるのが脱毛石鹸です。

 

分かりやすくイメージするために「脱毛」という言葉が用いられていますが、実際には「脱毛」できる石鹸ではありません。

ムダ毛対策には複数の種類がある

  • 除毛:肌の表面の毛を取り除く
  • 抑毛:新たに毛が生えてくるのを抑制する
  • 脱毛:毛根の根本から毛を処理する
  • 永久脱毛:毛根を弱らせ、毛を再生できなくする

ちなみに脱毛の中にも今ある毛を処理する普通の脱毛(ワックスなど)と、今後毛が生えてこないように処理する「永久脱毛」がある。

Dr.ログ

脱毛石鹸に即効性はない

使っている商品や本人の体質によっても変わってきますが、効果が表れるまで2~3週間は使い続ける必要があると言われています。

 

時折みられる脱毛石鹸のPRをするwebページや動画の中には1回洗うだけで効果が見られるような「見せ方」をしているものもあります。しかし実際には1回で効果が期待できるわけではありません。

脱毛石鹸はすぐには効かない

  • 効果が表れるまでには2~3週間程度
  • 業者によっては過剰な効果を演出するので注意!

ヒゲは最も除毛・抑毛しにくい

男性の体毛は、女性に比べて太く濃い傾向にありますが、中でもヒゲは全ての部位の毛の中でも、最も太く、色も濃い毛の一つです。

 

それだけに再生力も強く、除毛・抑毛も難しくなります。また、鼻の下をはじめ、顔の皮膚は身体の皮膚に比べて敏感なので、強い石鹸は顔に使えないというケースもあります。

 

脱毛石鹸を使った体毛のケアの中でも「ヒゲ」のケアは最も難易度が高いことは頭に入れておきましょう。

ヒゲが脱毛石鹸でケアしにくい理由

  • ヒゲは男性の体毛の中でも最も強い毛の一つ
  • 顔の肌は敏感なため使えない脱毛石鹸もある

脱毛石鹸をヒゲ脱毛する時の注意点

表面の処理や抑毛の効果は期待できる脱毛石鹸ですが、ヒゲに使用するにあたっては注意すべきポイントがあるので、解説します。

ポイント

1.顔には使用できない石鹸がある
2.ヒゲを頻繁に剃る場合、効果を実感しにくい場合も

顔に使えない石鹸がある

脱毛石鹸の中には、顔に使ってはいけないタイプのものもあります。顔の皮膚は体の中でも特に敏感でもあり、しかも目や鼻、口などを通じて体内に入ってしまう可能性もあります。

 

脱毛石鹸をヒゲに使う場合は必ず、顔に使ってよいものなのかどうかをしっかりと確認してからにしましょう。特にご家族が使っている脱毛石鹸を共有して使う場合などは注意が必要です。

 

また、効果の高い脱毛石鹸の場合、眉毛やまつ毛に対して不意に効果を発揮してしまう場合もあるので、使い方にも気を付けるようにしましょう。

顔に使えない石鹸がある

  • 顔への使用が可能なアイテムか、要確認
  • 眉毛やまつ毛に効果を発揮しないよう使い方にも注意

頻繁にヒゲを剃る方は効果を実感しにくい

このコラムを読んでいる方の中にも、石鹸の効果が表れるまでの2~3週間という期間、ヒゲを伸ばしっぱなしにしておけるという方は少ないのではないでしょうか?

 

先ほども説明した通り、脱毛石鹸は1回洗えば落ちるというものではありません。除毛の効果が表れる前に、伸びてきたヒゲは剃られてしまい、新たに伸びてくる毛に対してのアプローチを一からやり直し、となると効果が弱まってしまいます。

頻繁にヒゲを剃る場合

  • 効果が表れる前に剃ることになるため、効果が出にくい

とはいえ、脱毛石鹸を使っていると「抑毛」の方の効果は得られるかもしれない。剃らなければならないから全く無意味、とは言い切れないぞ!

Dr.ログ

ヒゲ脱毛できる石鹸の適切な選び方

ヒゲ脱毛が可能な脱毛石鹸を選ぶにあたって、重要なポイントを厳選してお伝えします。

ポイント

①顔に使用可能なものを選ぶ
②除毛成分が含まれているか
③抑毛成分が含まれているか
④美肌効果・消臭効果があるか
⑤継続購入しやすいか

①顔に使用可能なものを選ぶ

おさらいになりますが、脱毛石鹸の中には成分が強すぎるため、顔に使ってはいけないものも出ています。

 

顔に使っても大丈夫なアイテムであるかは事前によく確認した上で購入するようにしましょう。

 

男性用として販売されている脱毛石鹸であれば多くのアイテムはヒゲにも使えることを前提に作られているので、参考にしてみてください。

 

顔に使用できる石鹸を選ぶ

  • 男性のアイテムはヒゲ脱毛に有効なものが多い

②除毛成分が含まれているか

まず、除毛成分には天然エキスから抽出した天然除毛成分と、人工的に作られた人工除毛成分があります。

 

天然除毛成分には、パパイヤから抽出されるパパインや、パイナップルに含まれるブロメラインが挙げられます。肌への負担が少なく、程よい脱毛効果が得られるのが特徴です。

 

一方で、人工除毛成分として代表的なものは、チオグリコール酸が挙げられます。強い脱毛効果が得られますが、肌への負担が強いことや、除毛効果が高すぎて、薄くしたい場合に必要以上に除毛してしまう可能性があります。

代表的な除毛成分

  • 天然除毛成分・・・パパイン、ブロメライン
  • 人口除毛成分・・・チオグリコール酸

③抑毛成分が含まれているか

次に抑毛効果のある成分として代表的なものが大豆から抽出される、イソフラボンなどのエキスです。ダイズ種子エキス・豆乳発酵液なのでも同様の効果が期待できます。

 

また、細胞増殖を抑える効果のある、ラレアディバリカタエキスという成分も抑毛効果が近年注目されています。

抑毛成分

  • イソフラボン(ダイズ種子エキス・豆乳発酵液)
  • ラレアディバリカタエキス

④消臭効果・美肌効果などがあるか

脱毛石鹸で最も重視すべきは、除毛、抑毛の効果。ですが、せっかく石鹸として使うので消臭効果や、美肌効果など、石鹸としての付随的な機能も判断ポイントの一つになってきます。

 

ヒゲを薄くするのも、身だしなみの一つなので、石鹸一つで他の気になるポイントも解消できれば、一石二鳥ですね。

 

人気のポイントは、消臭や美肌効果ですが自分が他に重視するポイントがあればアイテム選びの参考にしてみてください。

脱毛石鹸で除毛・抑毛効果以外のポイント

  • 消臭効果があるか
  • 美肌効果があるか
  • その他自分にとって重要ポイントがあれば要確認

⑤継続購入しやすいか

脱毛石鹸には脱毛の効果はないので、毛を薄くすることができたとしても、継続的に使い続ける必要があります。

 

無理して高額なアイテムを買ってしまったり、在庫が少ないアイテムを選んだ場合、継続で使い続けることが難しくなってしまいます。

 

脱毛石鹸を選ぶ際には継続使用を前提に、予算やロングセラー商品なのか、入手困難なものではないかなどを考えるようにしましょう。

脱毛石鹸は継続利用が前提

  • 定期購入して予算オーバーにならないか注意
  • 在庫などで入手困難にならないかも注意

【経験者が教える】ヒゲ脱毛におすすめの脱毛石鹸5選

実際、脱毛石鹸の利用者がおすすめする、脱毛石鹸5選を紹介します。

ジェントルブラックエピ

脱毛石鹸として人気の高いアイテム、ジェントルブラックエピ。

 

顔全体に使えるタイプの石鹸で、天然除毛成分のパパイン配合で、程よい脱毛効果が期待できます。

 

価格帯も、1,000円台前半と脱毛石鹸の中でも購入しやすい水準であり、初めて脱毛石鹸を使うという場合も安心して試してみることができるアイテムです。

 

ジェントルブラックエピの購入はコチラから

ジェントルブラックエピのポイント

  • 天然除毛成分での程よい脱毛効果
  • 顔全体に使える手軽さ
  • 購入しやすい、安価な価格帯

ケースルー(K THROUGH)

インターネットでランキング上位に頻繁に見かける脱毛石鹸、ケースルー(K THROUGH)。

 

国産製品であるという安心感と、天然除毛成分、抑毛成分がそれぞれ複数種類配合されており、効果がしっかりと期待できることが人気の秘訣なのでしょう。

 

価格帯は1個3,500円程度と脱毛石鹸としてはかなり強気な部類にあたるため、多少予算をかけてでも高品質で安心できるアイテム選びをしたい、という方向けです。

 

ケースルー(K THROUGH)の購入はコチラから

ケースルー(K THROUGH)

  • ネットの人気製品ランキング常連の製品
  • 安心の国産石鹸
  • 複数の除毛・抑毛成分配合

メンズシェーバーレスプレミアム

メンズシェーバーレスプレミアムはその名の通り、ヒゲへの効果を意識して開発されている脱毛石鹸です。

 

今回紹介するアイテムの中で唯一人工除毛成分のチオグリコール酸Caを配合しており、濃いヒゲに対しても効果が期待できそうです。

 

ただし、人工除毛成分は肌への負担や効果を発揮しすぎてしまうといった懸念もあるので、様子を見ながら使っていくことが奨励されます。価格帯的には2,500円程度と、比較的予算が必要です。

 

メンズシェーバーレスプレミアムの購入はコチラから

メンズシェーバーレスプレミアム

  • ヒゲ対策を意識して作られた石鹸
  • 人工除毛成分配合で強い除毛効果
  • 成分が強いので肌への影響や効きすぎに注意

デリケートハーバルEPイレーサー

デリケートハーバルEPイレーサーは、柿タンニン、ビワ葉、炭など消臭効果を期待できる成分が多めに配合された脱毛石鹸です。

 

除毛効果としてはブロメラインが含まれていますが、配合量としてはそれほど多くありません。

 

早期に除毛効果を得るよりは、少しずつ抑毛していきながら普段使いとしては消臭効果を重視する方にはおすすめのアイテムです。価格帯が1,200円程度と安価なのもポイントです。

 

デリケートハーバルEPイレーサーの購入はコチラから

デリケートハーバルEPイレーサー

  • 消臭成分が多く含まれている石鹸
  • 除毛効果は弱く、長期目線で抑毛する人向け
  • 価格帯が安く、購入しやすい

ブラックバニッシュソープ

ブラックバニッシュソープも脱毛石鹸ランキングで人気の高い製品です。

 

特筆すべきはローヤルゼリー・ハチミツなどの保湿効果の高い成分が多めに含まれており、美肌効果に強い期待ができる点。

 

除毛よりも抑毛に比重を置いた成分配合がされているので、長期目線で毛を抑える感覚で考えておくとよいでしょう。価格は1000円台後半と、比較的入手しやすいです。

 

ブラックバニッシュソープの購入はコチラから

ブラックバニッシュソープ

  • ハチミツ・ローヤルゼリーなど保湿成分が充実
  • 除毛よりも抑毛目的で長期目線での使用がおすすめ
  • 比較的入手しやすい価格帯

まとめ

脱毛石鹸は、「脱毛」ではなく「除毛」や「抑毛」の効果を得るものとして、比較的安価に入手でき、手軽に使えるアイテムです。

 

まずはヒゲを薄くするために、コストなくできることを試してみたい、という方は製品や使い方に注意しながら試しに脱毛石鹸を購入してみるというのも、選択肢の一つでしょう。

まとめ

  • 脱毛石鹸で得られるのは「除毛」と「抑毛」の効果
  • 効果が出始めるまで、早くても2~3週間
  • ヒゲは最も手ごわい毛の一つなので根気が必要
  • ヒゲに使う場合、顔に使えるタイプの脱毛石鹸か要確認
  • 除毛成分(天然成分・人口成分)、抑毛成分が含まれているか確認しながら選ぶ
  • 継続利用が前提なので価格や入手しやすさも重要

 

今回紹介した注意ポイントや商品選びのコツも参考にしながら、ご自身が魅力的だと思う脱毛石鹸を探してみてください。

 

ハッキリとした効果を確実に得たければ最初に多少の費用と手間をかけてでもサロンやクリニックで脱毛の施術を受ける方が、最終的にはコスパの良い選択かもしれません。

全国のヒゲ脱毛おすすめランキング

▼この記事を書いた人

Shinya

Shinya age : 28

ヒゲ脱毛専門ライター / ライター歴4年

高校生の頃からヒゲが濃く、『ヒゲヅラ』というあだ名で呼ばれて学生時代ずっと嫌な思いをしてきた。社会人になってからヒゲ脱毛を行い、人生がガラッと変わり、ヒゲ脱毛の素晴らしさを発信していこうと決意。ヒゲに悩む世の男性陣の味方!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME