ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛してから抜けるまで!平均期間とその間の対策まとめ

486view

ShinyaShinya

  • twitter
  • facebook
  • LINE

30代前半

ヒゲ脱毛始めたけど、全然薄くなってないじゃないか!痛い思いをしたのに!!

焦ってはいけない!ヒゲ脱毛の施術をしてから実際に抜けるまでには少し期間があるんだ!

Dr.ログ

30代前半

でも、むしろ濃くなっているじゃないか!本当に大丈夫なの??

最初に濃く「見える」のは一時的な現象だから問題ない!今回はそのあたりも含めて解説しつつ、ヒゲが濃く見える期間のしのぎ方についても説明しよう!

 

Dr.ログ

この記事ではヒゲ脱毛を行ってから実際に抜けるまでの期間や、そもそも期間が空く理由、さらにその期間ヒゲが濃く見えてしまう可能性がある原因や対策についてもまとめています。

 

これからヒゲ脱毛をするにあたって不安に感じている人や、既にヒゲ脱毛を行い、予想外に見た目が変化したことに戸惑っている人はぜひ参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛してから毛が抜けるまでの期間は約2週間

光脱毛やレーザー脱毛の施術を受けてから、実際にヒゲが抜けるまでには、個人差はありますが一般には10日~2週間くらいの間があきます

 

どちらも、原理としては毛根に対して照射をすることでダメージを与え、徐々に弱らせて、生えてくるペースを遅く、生える毛を細くしていきます。

 

そして、最終的にはまったく生えてこない状態を目指すのですが、実際に照射を行ってからそれが目に見える効果を発揮するまでには少し時間がかかるのです。

他の体毛と比べてもヒゲは太く、色もハッキリとしているのが分かるだろう。それだけ毛根も強いことを意味するんだ。

Dr.ログ

抜けるまでの間、ヒゲが濃く見える現象が起きる

30代前半

効果が出るまでに時間がかかるのはわかった。でも、なんか逆に濃くなっている気がするんだけど・・・

脱毛後にヒゲが濃く見える現象があります。原因は主に2つなのですが、どちらも対策可能なので、心配する必要はありません。

原因①泥棒ヒゲ

まず、脱毛後にヒゲ濃く見える最大の原因が、焼け焦げたヒゲが炭化し、黒ずんでしまうこと。そのため、施術を行う前よりもヒゲを剃った時に断面が強調され、濃く見えがちです。

 

特に口の周りに出やすい現象であり、絵に描いた「泥棒」のような形で目立つことから「泥棒ヒゲ」と呼ばれています。

一時的に濃く見えてしまうのは、しっかりと毛根に熱でダメージを与えられている証だ!少しの間、辛抱しよう。

Dr.ログ

原因②硬毛化

必ず起こるわけではないのですが、もう一つ「硬毛化」という細い産毛が成長する現象が挙げられます。

原因は医学的にハッキリと解明されてはいませんが、照射による刺激で産毛が成長することと考えられています。

 

元々目立たなかった毛が濃くなるので、施術したのに逆にヒゲが生えてきたように感じてしまうかもしれません。

 

ただし、一度硬毛化し、通常の毛に成長した場合は施術を繰り返すことで脱毛することが可能になります。

薄くしようとした結果、育ってしまうというのはちょっと不満に感じるかもしれない。

けれどいずれにせよ施術は繰り返して行うものだし、性質上仕方のないものと割り切ろう。

Dr.ログ

ヒゲが濃く見える期間のしのぎ方は?

ヒゲ脱毛後、ヒゲが抜けるまでの期間にヒゲが濃く見えてしまうのはある程度は仕方ない現象です。この期間、周りの目が気になってしまう方のためにどのように期間を過ごせばよいか、いくつか方法を紹介します。

ヒゲを丁寧に剃る

施術してから抜けるまでの毛は濃く見えてしまいます。ヒゲ剃りも少し大変ではありますが、施術前と同様にヒゲを剃っていると目立ちがちなので時間をかけて丁寧に剃ようにしましょう。

気になってしまうようであれば、持ち歩き用の小型シェーバーを買うのも良いかもしれない!脱毛中だけでなく、出張や旅行の時など何かと役に立つぞ!

Dr.ログ

マスクをする

泥棒ヒゲなどが目立つことが気になってしまう場合、仕事などの関係上許されるようであればマスクをすれば簡単に隠すことができます。コンビニでも手軽に購入できる上に、簡単に着脱できるのでかなり手軽な対策であると言えますね。

 

ただし、抜けるまでの長期間マスクをしていると体調を心配されたり、(脱毛していることを知られたくない場合)、泥棒ヒゲを隠していることから脱毛していることを察されてしまったりといった余計な心配が生じる可能性があります。

コンシーラーを使う

より、自然な印象のまま泥棒ヒゲを目立たなくする方法としてコンシーラーを使って隠すという方法もあります。

 

現代ではメンズメイクも少しずつ浸透しています。とりわけ、ニキビ跡や濃いヒゲを目立たなくするコンシーラーを使うというのは、初心者の方でも比較的抵抗の少ない入り方であると言えるでしょう。

 

コンシーラーを使っているくらいであれば「メイクしている」という印象を与えることもなく、数千円程度で購入が可能なので、メイクに強い抵抗がないようであれば、一つの有効な手段であると言えるでしょう。

大事な予定を入れることを避ける

結婚式などのお祝い事や、合コン、パーティーなどの予定があらかじめわかっている場合、その当日から逆算して泥棒ヒゲが目立つであろう時期にはそもそも施術を行わないようにする、というのも一つの対策です。

 

もしくは、サロンを予約していた直後に大切な予定が入ることもあるので、予約のキャンセル・変更に柔軟に対応できる場所に施術を頼むというのも大切かもしれません。

何度か脱毛を繰り返していれば、施術後どのくらいの期間でヒゲが抜けるのかやその期間どれくらいヒゲが目立つのかが実感できているはずだ!

 

もしわからない中で初回の脱毛を受けるのであればそもそも大事な予定とは被せない、というのも大切かもしれない。

Dr.ログ

どうしても濃く見えるのを避けたければ「ニードル脱毛」も

抜けるまでの期間にどうしても悩まされてしまったり、気になって仕方がない場合は、そもそもの施術方法としてニードル脱毛を選択するのも一つの手です。

ニードル脱毛とは:電気が流れる特殊な針を毛根に直接刺し、電気を流すことで毛根を死滅させる施術方法のこと。

照射を繰り返すことで弱らせるのではなく、1回の施術で針を刺した毛根を死滅させられるため一時的に濃くなるような現象に悩まされることはありません。

30代前半

なんだ!そんなすごい方法があったのか!

ニードル脱毛は効果が高く、泥棒ヒゲに悩まされることもありません。その上、1本1本処理していくためデザイン脱毛も行いやすいです。

 

一方で、痛みや肌の負担が大きいことや、料金が高くなりがちなところがデメリットとして挙げられます。

 

メリット、デメリットを比較して施術方法を選択していきましょう。

ニードル脱毛で言えば、メンズ専用サロンの「メンズTBC」「ダンディハウス」の施術は特に評判が高い!

Dr.ログ

まとめ

光脱毛やレーザー脱毛は施術後にすぐに効果を発揮するわけではなく、施術を受けてから実際に抜けるまでには10~14日程度と少し期間があり、その間ヒゲが濃く見えてしまう現象に悩まされる可能性があります。

 

丁寧にケアする、隠す、大事な予定を入れない、など対策は色々とありますので、まずは大事な予定を避けて一度施術を受けてみて期間や見え方について目で確認してみるのが良いかもしれません。

▼この記事を書いた人

Shinya

Shinya age : 28

ヒゲ脱毛専門ライター / ライター歴4年

高校生の頃からヒゲが濃く、『ヒゲヅラ』というあだ名で呼ばれて学生時代ずっと嫌な思いをしてきた。社会人になってからヒゲ脱毛を行い、人生がガラッと変わり、ヒゲ脱毛の素晴らしさを発信していこうと決意。ヒゲに悩む世の男性陣の味方!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME