脱毛

男性の全身脱毛はあり?トレンド、評判から方法・料金相場を解説

500view

ShinyaShinya

  • twitter
  • facebook
  • LINE

今や、女性だけでなく男性の間でもトレンドになりつつある「脱毛」

 

一番人気は、見た目の印象アップに効果てきめんで、髭剃りの手間やカミソリ負け、肌荒れのトラブルからも解放してくれる「ヒゲ脱毛」ですが、ヒゲにとどまらず、「全身脱毛」をする男性も増えています。

 

今回は男性の全身脱毛について、トレンド、評判や、全身脱毛のメリット、デメリット、方法や予算などについて解説していきます。

男性は全身脱毛をすべき?

そもそも、男性は全身脱毛をすべきなのか、してよいものなのか、

20代後半

興味はあるけれど、ちょっと不安・・・

という方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、男性の全身脱毛に関する意見や、その意見を反映しての対策をまとめてみます。

男性の全身脱毛に関する意見

Twitterを見ると、男性の全身脱毛については以下のような意見が見られました。

 

 

 

 

男性が体毛をケアすることについて概ね肯定的な意見が目立ちましたが、中には、「全く毛がないのは不自然」というような声もありました。

全身脱毛は「毛を薄くする」ことも可能!

30代前半

全身脱毛には興味があるけれどツルツルにしたら違和感があるんじゃないか?

なんてことが不安で踏み切れない方もいらっしゃるかもしれません。

 

全身脱毛は、全身の毛を完全になくすことだけのような印象を受けるかもしれませんが、実際は徐々に毛を薄くして最終的にツルツルな状態を目指します

 

つまり部位や回数を調整することによって、毛を無くすのではなく、薄くするような脱毛も可能です。

 

薄くするだけであれば、比較的抵抗なくできるのではないでしょうか?

「胸毛は完全になくしたいけど、すね毛は薄くできれば十分!」

なんて調整の仕方も!

Dr.ログ

男性が全身脱毛するメリット

男性が全身脱毛するメリットはいくつかありますが特に経験者の多くの方が挙げるのが以下の3ポイントです!

①清潔感が出る

体毛が濃いのを「ワイルド」「男らしい」として好む方もいますが、世の中のトレンドとしては、「清潔感」の方が求められがちです。

 

毛を無くしたり、適度な量にまで減らしたりすることで、清潔感を出すことができます。

②蒸れにくくなる

特に暑い季節など、体毛が濃い場合、服の繊維と毛がこすれて蒸れてしまうケースがあります。自分自身が不快感を感じやすくなると同時に、においの原因となる場合も

 

脱毛で、毛を減らす、無くすことでそういった不快感を軽減することが可能です。

③自信がつく

毛は、本来は外部の刺激から身体を守ってくれる、生存本能のようなもの。

 

しかし、身体の安全が保障されている現代においては、毛を邪魔だと感じるどころか、毛が濃いことがコンプレックスになったりするケースもあります。

 

脱毛して毛を薄くする、無くすことで自信に代わるのであれば、自己投資であるとすら言えるでしょう。

ポイント

①清潔感が出る
②蒸れにくくなる
③自信がつく

男性が全身脱毛するデメリット

一方で、男性が全身脱毛を行うにあたって、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

一般的には以下のようなことが挙げられることが多いようです。

①全身脱毛には費用がかかる

全身脱毛にはそれなりの費用がかかります。

 

総額でどの程度になるかは、毛質、毛量やどの程度毛を減らしたいのかといった希望にもよってきますが、やり方や部位によっては10万円程度に抑えられるヒゲ脱毛とは異なり、比較的安価な脱毛サロンでも薄くするだけでも30万円程度は必要となってきます。

②脱毛のやり方や部位によっては痛みが強い

全身脱毛は、光を肌に照射する、もしくは針を直接毛穴に刺すことで施術を行います。

 

施術の方法については次の項目で詳しく説明していますが、やり方や部位によっては強い痛みを感じることもあるので、痛みに弱いという方はご注意ください。

③毛が恋しくなっても、元のようには生えてこない

一度薄くした、もしくは無くした毛は元のようには生えてきません

 

将来的に体毛を生やしたくなった!という場合、後悔することになるかもしれない点は抑えておきましょう。

とはいえ、ヒゲに比べたら

「やっぱり体毛を生やしたくなった」

と後から思うことは少ないよう!

Dr.ログ

全身脱毛のやり方にはどんな種類がある?

全身脱毛の方法としては、主に3種類の方法があります。それぞれにメリット、デメリットがあるので簡単に比較します。

サロンやクリニックでの施術は3種類!

1つ目は、サロンやエステでの施術の主流である「光脱毛」は比較的弱い光を毛根に照射する施術方法。

比較的安価に施術ができるとと、痛みや肌への負担が少ないことがメリットとして挙げられます。

 

2つ目は、より強い光を扱える医療機関限定の「レーザー脱毛」。は高い脱毛効果が得られる一方で痛みや肌への負担も大きくなります。

費用も光脱毛と比べると高くなりがちです。

 

3つ目の「ニードル脱毛」は一度施術した毛根からは毛が生えてこなく最も高い効果が得られる方法。

ただし、最も肌への負担や痛みも強いことに加えて、手間がかかる分、施術費用も3つの中で最も高額です。

 

効果 痛み・肌の負担 費用
光脱毛 普通 小さい 安い
レーザー脱毛 高い 比較的大きい 比較的高い
ニードル脱毛 とても高い 大きい 高い

注意!家庭用脱毛機での脱毛はリスクがある

最近は、家で自分で光脱毛の施術を行うことができる「家庭用脱毛機」も発売されています。

 

価格は2万円から6万円程度のものが多く、サロンやクリニックに通うのに比べてかなり安価に済ませられそうです。

 

ただし、家庭用脱毛機での自己施術で全身脱毛を行うのはおすすめできません。

 

理由としては、全身の部分の中には、自分で処理が施しにくい部分も多くあるためです。

 

無理やり施術を行おうとすると、不適切な照射をしてしまいヤケドなどの肌トラブルにつながる可能性もあります。

 

とくに、VIOのようなデリケートゾーンは鏡などを使ってもなお、自分での処理が難しい上、肌も敏感でリスクも高いため自己処理には特に向かない部位です。

全身脱毛にかかる回数は?

30代前半

全身脱毛って、どれくらい1回行けば完了するの?

全身脱毛は、1回では十分な効果は得られず、複数回通う必要があります。

一般的な毛量の方であれば、以下が基準となります。

 

個人差も大きいので、参考程度としてください。

✔光脱毛の場合、減毛に6~8回 完全な無毛状態に10~15回
✔レーザー脱毛の場合、減毛に4~6回 完全な無毛状態に8~10回
✔ニードル脱毛の場合、1回でどのくらい毛を抜くかで異なる

全身脱毛は毛周期にあわせて2~3ヵ月おきに通うのが◎

20代前半

回数必要なのは分かったけど、さっさと終わらせちゃいたいな。週1回通えばいい?

脱毛の効果を得るためには回数を重ねればよいだけでなく、期間を空けて行うことが大切です。

 

「毛周期」と呼ばれる、毛の生え変わるサイクルごとに施術を行うことで、より効果的に脱毛が進められます。

 

全身脱毛において難しいのは毛周期が部位によって異なるという点ですが、2~3ヶ月おきに施術を行うと全身の毛の毛周期に対してまんべんなく効果的な施術が行えると言われています。

ポイント

脱毛は「毛周期」ごとに行うのが最も効果的!全身脱毛の場合2~3ヶ月のサイクルで通うと、まんべんなく効果を発揮!

全身脱毛にかかる料金相場は?

全身脱毛にかかる料金相場はサロン、クリニックの料金設定や、仕上げたい状態、本人の毛質などによっても大きく差が出てきます

 

詳しくは、興味のあるサロンやクリニックに直接カウンセリングの場などで相談してみるのがよさそうです。

 

あくまで参考値ですが、

✔全身の毛を薄くする場合:30万~50万円
✔全身の毛を無くす場合:50万~100万円

程度が相場です。

 

サロンやクリニックによっては一定の回数以上の施術は大幅に割り引いてくれるため、予算が不安な方はその点も含めて確認しましょう。

たとえば、大人気の男性専用脱毛サロンRINXの場合身体の脱毛は9回目以降80%OFFだ!

Dr.ログ

注意!!「全身脱毛」の含む範囲を要確認

ここで注意点として、サロン、クリニックの掲げる「全身脱毛」のプランの中には「顔」や「VIO(デリケートゾーン)」の施術が含まれていない、別料金で「全身脱毛」と記載していることもあります。

 

ぱっと見の料金だけでなく、どこまでが範囲なのかもよく確認するのが大切です。

まとめ

全身脱毛は、少し費用はかかってしまいますが、男性の身嗜みとして徐々に浸透し、人気を獲得しています

 

数多くのメリットが得られるので、

 

「濃い体毛がコンプレックス」

「自分に自信が持てない」

 

なんて方は、全身脱毛が自信をつけるための自己投資になるかもしれません。

 

今回挙げた内容も参考にしながら、全身脱毛ができるサロン、クリニックにまずは話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

▼この記事を書いた人

Shinya

Shinya age : 28

ヒゲ脱毛専門ライター / ライター歴4年

高校生の頃からヒゲが濃く、『ヒゲヅラ』というあだ名で呼ばれて学生時代ずっと嫌な思いをしてきた。社会人になってからヒゲ脱毛を行い、人生がガラッと変わり、ヒゲ脱毛の素晴らしさを発信していこうと決意。ヒゲに悩む世の男性陣の味方!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME