脱毛

【メンズ脱毛】「全身脱毛ってどうなの?」不安&お悩み徹底解消

3,357view

ShinyaShinya

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ヒゲ脱毛LoGのShinyaです!

20代前半

男の全身脱毛って引かれない?

20代後半

全身脱毛して後悔しないかな?

30代前半

どれくらいの費用や期間がかかるの?

最近は、ヒゲ脱毛だけでなく「腕も脱毛したい」「すね毛が気になる」など、ボディのムダ毛についても悩みを抱える男性が増えてきました。

 

思い切って全身脱毛に男性も、年々増加しているんですよ!

 

とはいえ、全身脱毛はヒゲ脱毛よりもチャレンジのハードルが高いもの。

 

今回は、男性の全身脱毛について、「メリット/デメリット」「評判」「脱毛方法」「料金相場」などを徹底解説していきます。

 

この記事を読むことで、全身脱毛に対する不安のほとんどは解消されるはずです。

本書を読むメリット

  • 脱毛方法の種類が知れる
  • 脱毛における女性からの印象が知れる
  • デメリットを知ってリスクを回避
  • 相場を把握して予算が分かる

3月おすすめのヒゲ脱毛キャンペーン

【部位別】全身脱毛の見方

全身脱毛は、上のイラストのように、ほぼ全ての部位に施術することが可能です。

 

ボディの脱毛は、上のイラストのような分け方をしてコースを決めていきます。

 

 

「全身くまなく脱毛したい」という人もいれば、「気になる部分だけ」という方まで様々。

 

よって、サロンやクリニックでは以下のようなコースを用意していることが多いです。

 

ポイント

・全身丸ごと脱毛できるプラン

・脚下全体/VIOなど部分コース

・部位ごとにセレクトできるプラン

 

 

 

 

部位ごとの分け方は、イラストのようなものが一般的。

 

脱毛をする前に、「思い切って全身脱毛するのか」それとも「気になる部位だけでもコンプレックスは解決するのか」を想定して計画を立てましょう。

 

 

ちなみに、「全身丸ごと脱毛するコース」は、ヒゲやVIOが含まれていないサロン・クリニックもあります。

 

 

顔やVIOも含めて脱毛を考えている場合、見た目の料金だけで選んでしまうと、「追加で費用がかかってしまった!」「VIOの取り扱いがなかった!」など、思わぬガッカリに発展するので注意が必要です。

女性の口コミから見た「メンズの全身脱毛」のすすめ

20代後半

メンズ脱毛って女性から引かれない?

という方も多いことでしょう。

 

しかし、メンズの脱毛について、「好印象」と答える女性も多いんですよ。

 

では、なぜ女性はメンズ脱毛に好印象なのでしょうか。

 

次の項目で、リアルに届いた女性の生の声をご紹介しますので、是非参考にしてください。

「メンズ脱毛ってどう思う?」女性の意見

女性

「ボーボー」は不潔な感じで幻滅…。

清潔感がある人の方が好印象だし、脱毛は賛成◎

女性

剛毛がコンプレックスなら、全然アリだと思う!

見た目に自己投資してるのって逆に好印象♪

女性

あまり綺麗にしすぎていると、女性に求める美意識も高そうで、ちょっとハードル高く感じちゃうかも…

ツルツルはちょっと違和感があるから、あくまで自然な薄さにするならアリ

以上の口コミからわかるように、ボディの脱毛をしている男性は「モテ」の対象とも言えます。

 

清潔感や本人の美意識といった観点から、脱毛に賛成する女性が多いんですね。

 

ただし、「全く毛がないのは不自然」「美意識高すぎても自分にプレッシャー」というような声もあがりました。

 

「賛成」と言っても、あくまで自然な薄さを求めているようです。

ポイント

・女性はメンズの全身脱毛に好意的

・でも「ツルツルすぎる」は×
・女性には「自然な薄さ」がウケる

 

「女性好みの薄さ」に調整することも可能!

全身脱毛は、「ツルツル」を目指すだけでなく、自然な薄さに仕上げることが可能です。

 

むしろ、ツルツルよりも自然な薄さに仕上げる男性の方が多いですよ!

 

 

ではなぜ、全身脱毛はが「自然な薄さ」にもできるのか。

 

それは、脱毛は本来、複数回通わないといけないからです。

 

例えば、メンズ脱毛サロンで「ツルツル」を目指す場合に20回通わないといけないとしたら、

 

5回〜6回目目くらいで毛が細く

10回目くらいで全体が薄く

15回目で産毛程度

20回目でツルツル

 

という過程で徐々に薄くなっていきます。

 

よって、ムダ毛を薄くするには、この過程で「あと1回くらいで終わりかな」「もうちょうど良いかな」という判断をして調整していくのです。

 

薄くするだけであれば、「ツルツルはちょっと…」という女性にも受け入れてもらえそうですね。

全身脱毛における3つのメリット&2つのデメリット

ここでは、あなたが全身脱毛をするか否か、重要な判断材料となる「3つのメリット」「2つのデメリット」を解説していきますね。

 

後悔しないためには、メリットだけでなくデメリットもきちんと理解することが大事です。

 

リスクヘッジをして脱毛に臨んでくださいね。

3つのメリット

全身脱毛におけるメリットは、まずあなたの印象がグッとアップするという点。

 

特にヒゲや手の甲など、人から見える部分が「つるん」としているだけで、清潔感が増して好印象です。

 

 

また、あなた自身が快適になることもメリット。

 

夏場なら、体毛の中で汗がムレることがなくなり、さらっと快適に過ごせます。

 

除毛クリームやワックスで自己処理をしている人なら、その必要がなくなることで、肌が荒れにくい強い肌になります。

 

 

このように、外見的にも内面的にも、あなたの生活にプラスの働きをもたらしてくれるんです。

①周りから好印象

  • 見た目の清潔感がUP
  • 仕事上のお客様・取引先での第一印象UP

②夏も快適に過ごせる

  • 汗でムレなくなる
  • ムレによる痒みがなくなる

③肌トラブルの解消

  • 自己処理の必要がなくなり、肌が荒れにくくなる
  • 毛がなくなることで細菌が溜まりにくくなり、アゴ・背中ニキビが解消

2つのリスクとデメリット

脱毛が様々な恩恵をもたらすと同時に、どうしても回避できないデメリットも存在します。

 

 

まず、費用が高額なこと。

 

サロン・クリニックごとの詳細な料金相場は、この後の項目でご紹介しますが、

 

・「自然に薄く」する場合…約30〜50万円

・「ツルツル」にする場合…約50〜100万円

 

と思っていてください。

 

 

また、VIOなどは痛みを伴います

 

肌の弱い方だと、「飛び上がるほど激痛…!」なんていう口コミも多いので、VIOは覚悟◎

 

比較的に痛みが少ない脱毛方法は「光脱毛」です。

 

どうしても痛みを避けたい方は、光脱毛を扱っているメンズ脱毛サロンでの施術がおすすめですよ

①費用がかかる

  • 安価な脱毛サロンでも約30万円はかかる
  • 規定回数終了後も脱毛が必要な場合、追加で費用が必要

②脱毛方法・部位によっては痛みが強い

  • ヒゲ・ワキ・VIOなどはヒリヒリ痛む
  • ニードル脱毛は針で刺すように痛む

3種類の脱毛方法

全身脱毛の方法としては、主に「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類が挙げられます。

 

痛みの度合いや効果の早さなど、脱毛方法によって様々です。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、簡単に比較しますね。

ポイント

光脱毛

 ▶︎メンズ脱毛サロンで最も多い方法

医療レーザー脱毛

 ▶︎医療機関でしか扱えない方法

ニードル脱毛

 ▶︎美容電気針による永久脱毛

3種類の脱毛方法の違い

大半のメンズ脱毛サロンが取り扱っており、全身脱毛の主流とも言える「光脱毛」。

 

すでに突出している毛に照射する施術方法で、広範囲に脱毛を促していきます。

 

光を分散して当てていく仕組みなので、「最も痛みが少ない脱毛方法」と言われています。

 

 

2つ目は、医療機関限定の「レーザー脱毛」。

 

光脱毛とは違い、毛根奥の細胞にアプローチすることで脱毛を促します。

 

そのため、光脱毛よりも早い期間で脱毛を完了することが出来ます。

 

ただし、どの部位も痛みが伴うので、痛みに弱い方は覚悟が必要です。

 

 

3つ目は「ニードル脱毛」という、美容電気針による脱毛方法

 

特殊な針を毛穴一つ一つに刺して、毛を作る細胞自体を破壊する脱毛方法です。

 

針を刺す時に激しい痛みを伴いますが、一度施術した毛は二度と生えてきません。

 

効果 痛み 費用
普通 少ない 安い
レーザー 高い 痛い 高い
ニードル とても高い 激痛 やや高い

全身脱毛にかかる回数と期間

人によって「薄くしたい」「ツルツルにしたい」など、なりたい姿は様々だと思います。

 

あなたが「どうなりたいか」と、「どんな脱毛方法を選択するか」で、脱毛に必要な回数や期間が変わってきます。

 

ここでは、

・最終的になりたい姿

・選択する脱毛方法

に応じて、あなたが「どのくらい脱毛すべきか」をイメージしやすいよう解説しますね。

ポイント

・薄くしたい人/ツルツルにした人で必要回数が違う

・脱毛方法によって必要回数が違う

通う回数&期間は脱毛方法によって違う

「薄くするか」「ツルツルにするか」の2つのパターンから、脱毛方法ごとに必要回数をご紹介しますね。

 

一般的な毛量の方であれば、以下が基準となります。

※個人差も大きいので、参考程度としてください。

 

光脱毛

  • 薄くしたい場合   ▶︎6〜8回
  • ツルツルにしたい場合▶︎10〜15回

 

医療レーザー脱毛

  • 薄くしたい場合   ▶︎4〜6回
  • ツルツルにしたい場合▶︎8〜10回

 

ニードル(美容電気針)脱毛

  • 薄くしたい場合   ▶︎2〜3回
  • ツルツルにしたい場合▶︎5〜6回

 

これに伴い、通う期間も脱毛方法ごとに変わってきます。

 

「毛周期」に合わせて2〜3ヶ月の来店ペースで通う必要があります。

※毛周期…毛が生え変わるサイクル。人の体毛は2〜3ヶ月ごとに生え変わります。

 

例えば、光脱毛で薄くする場合、最低6回を2ヶ月ごとに行うわけなので、最短でも1年かかります。

 

医療レーザーやニードル脱毛の場合、回数が少ないので、もっと早い期間で脱毛ができます。

 

ご自身のリミットに応じて使い分けましょう。

脱毛前の悩みを経験者が回答します

初めての脱毛は、色々なお悩みを抱えていると思います。

 

たくさんのお声の中から、よくあるお悩みをいくつかピックアップしたので、実際に脱毛を経験した立場からお答えしますね。

おすすめの脱毛部位は「ヒゲ」「腕下」

20代前半

まずはどの部位から挑戦すべきかな?

脱毛を始めるとき、一番最初に検討すべきは、人の目につく部分です。

 

 

まず、男性の脱毛で一番人気の部位は「ヒゲ」です。

 

あなたは、初めて会う人のどこを見ますか?

大半の人が「顔」と答えると思います。

 

人は相手の表情を見て会話をします。ヒゲが濃いと清潔感がなくなり、せっかくの笑顔が台無しになってしまうことも…。

 

イイ男度を上げるべく脱毛に挑戦するなら、まずは「ヒゲ」がお勧めです。

 

 

次いでおすすめな部位は、「腕下」。

 

食事をする時、人に物を渡す時…etc、手は顔の次に目がいく部分です。

 

「人より濃い」と感じる方は、もしかしたら相手から「清潔感ないな」なんて思われてしまっているかも…

 

腕下の脱毛をすることで、清潔感がグンとアップするはずですよ◎

一番痛いのは…「ヒゲ・ワキ・VIO」

20代後半

一番痛いのはどの部位?

元々の毛が濃い部分は「痛い」と思っていてください。

 

痛みの度合いを高い順でお伝えすると

 

ヒゲ…普段痛みを感じることが少ない部分であるため

ワキ…皮膚が薄いため

VIO…他部分に比べて肌が弱い部分

です。

 

これら3部位に共通するのが、「元々毛が密集している」ということ。

 

人間の身体は、弱い部分を守るために毛を生やすので、「毛が太く濃い部分=皮膚が薄く弱い=痛みを感じやすい」ということなのです。

痛くない脱毛方法は…ありません!

30代前半

痛みゼロで受けられる脱毛方法ってある?

残念なことにそんな方法はありません。

 

しかし、痛みを極力抑えた脱毛方法は存在します。

 

それは「光脱毛」です。

 

エステ系のメンズ脱毛サロンなどで行われている光脱毛は、照射すると同時に冷却を行うことで、痛みを感じにくくしています。

 

照射部分が冷却されている

予め冷却ジェルを塗った状態で照射をする

 

というもの。

 

よって、場所によっては「痛いというか、冷たい」と感じることもあります。

 

手の甲や腕など、普段から衣類や空気に触れている部分であれば、痛みを感じにくいでしょう。

 

「とにかく痛みが少ない方が良い」という方は、RINXなど「痛みが少ない」という口コミの高いサロンがおすすめですよ。

【脱毛前の準備①】保湿すべし

20代前半

脱毛前の肌準備はどうしたら良い?

脱毛の効果をより高めるために必要なのは、「保湿」です。

 

それは、乾燥した肌よりも潤った肌の方が毛が抜けやすいからです。

 

土に例えて想像してみてください。

 

校庭の乾燥した土に生えている草は、なかなか抜くことができませんよね?

 

しかし、潤った畑の雑草だと「スルン」と抜けやすいと思います。

 

肌も一緒で、水分量が十分にある方が、脱毛効果が高いのです。

20代後半

保湿ってどうしたら良いの?

普段からボディケアをしない男性は、そう思うのが当たり前だと思います。

 

しかしその方法は簡単。

 

お風呂上がりにボディクリームを塗る

お出かけ前は日焼け止めを塗る

 

それだけでOK。

 

お風呂上がりは水分が蒸発しやすいので、それを防ぐためにボディクリームを塗りましょう。

 

さらに、紫外線は肌の乾燥を促しますから、UVケアもしっかり行うと良いです。

 

ただし、脱毛直前に塗ってしまうと、脱毛機器の効果を弱めてしまうので、「毎日の土台づくり」としてこれらを行いましょう。

【脱毛前の準備②】飲酒や運動はNG

反対に、「絶対にやってはいけないこと」もあります。

 

脱毛前のNG項目としては、以下の4つ。

飲酒・運動

血流が上がることで脱毛機器の光が反応しやすくなり、肌に負担がかかります。

 

薬の服用

思わぬ副作用が出ることがあります。

日焼け

脱毛機器は黒色に反応することで脱毛をするので、肌が黒いと火傷のリスクがあります。

毛抜きやワックスでの自己処理

どの脱毛方法も、毛そのものにアプローチするため、脱毛機器が反応しません。

 

これらを行うことで、脱毛の効果を半減させてしまうだけでなく、副作用で思わぬトラブルに繋がることもあります。

 

特に、アルコールについては【危険】ヒゲ脱毛前後でアルコールがNGな理由 | 飲酒時の対処法で詳しく解説しているので、是非チェックしてください。

脱毛後も肌ケアは怠らず◎

30代前半

脱毛後は放置しても大丈夫?

脱毛後の肌は、乾燥しやすく荒れやすい状態なので、ケアは怠らない方が良いですよ◎

 

メンズ脱毛サロンでは、施術後に保湿ジェルなどを塗ってくれることが大半ですが、それは「脱毛直後は肌が乾燥しやすいから」です。

 

脱毛器の光は熱を持っており、照射の瞬間に微量ですが肌の水分を奪っています

 

施術を繰り返すことで肌はどんどん乾燥していくわけなので、脱毛後も脱毛前同様「保湿」を怠らないことが重要。

 

また、強い紫外線を浴びることも、乾燥を促すきっかけとなります。

 

間違っても、「脱毛サロン帰りに海に行く」なんて思い切った行動は絶対にしないでください。

 

 

脱毛と肌荒れの関係性についてはヒゲ脱毛の前と後の肌荒れに関する注意点を解説!でも解説していますので、詳しくチェックしてください。

未成年でも脱毛は可能

20代前半

まだ高校生だけど、脱毛しても大丈夫?

安心してください。

脱毛は未成年でも可能です。

 

ただし、高校生など18歳未満の場合は、親御さんに同意書をもらう必要があります。

 

厳しいご家庭だと、「高校生で脱毛なんて」と言われてしまう場合もあると思いますが、以下のことを踏まえて、「脱毛は決して悪いものではない」ということを説得してみてください

未成年で脱毛に挑戦することは、こんなに沢山のメリットがあるんですよ!

未成年で脱毛するメリット

  • 毛穴がキレイに&ニキビの改善
  • 入試・バイトなど面接での印象UP
  • ムレなくなることで部活が快適に◎

 

ちなみに、高校生は成長途中の身体ですから、「脱毛しても、成長するにつれてまた生えてくる」ことも考えられます

 

その辺のリスクを考慮した上で検討してくださいね。

途中解約は基本NG

30代後半

解約したくなったら返金されるの?

結論からお伝えすると、基本的には「出来ない」と思っていただいた方がベターです。

 

 

出来る場合は、基本的に「契約から8日以内の場合(契約日を1日目と考える)」のみ。

 

8日以内ですと、「クーリングオフ制度(一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度)」が法的に適用可能です。

 

ちなみに、基本的に脱毛サロンの契約書には「解約」についての項目を記載しています。

 

ただし、「解約出来ない」という記載ではなく、「解約の場合は返金は出来ない」と明記していることがほとんど。

 

その約款は、お店によって微妙に違うので、契約前に必ず確認しましょう◎

■8日以内なら可能
9日過ぎても解約自体は可能

 しかし「返金はできない」ことが多い

「痛みの少なさ」ならサロン・「早さ」ならクリニック

20代前半

サロンとクリニック、どっちが自分に合うのかな?

サロン・クリニックを選ぶ前に、まず頭の中で「外せない条件」「妥協しても良い条件」を整理しましょう。

 

 

最も優先順位の高い条件は何ですか?

 

「痛みが少ないこと」「脱毛完了まで早いこと」…etc

 

各々、色々な条件を思い浮かべたと思います。

 

 

「痛みが少ないこと」を選んだ方は、光脱毛を扱っているメンズ脱毛サロンに行きましょう

 

メンズ脱毛サロンは、美肌の専門知識を持った上で施術してくれるところが大半で、肌荒れしにくいような機器やアフターケアを行ってくれます。

 

肌に負担がかからないということは、「痛みを和らげる」ということにも繋がりますから、痛みが不安な方に最もおすすめと言えます。

 

 

「脱毛完了まで早いこと」を第一優先にした方は、クリニックを選ぶべきです。

クリニックで扱っている医療レーザーは、光を根元奥深くに届けてくれるため、光脱毛に比べて一度で感じられる効果が高いです。

 

よって、最終的に「早く&来店回数が少なく」脱毛を完了させることができます。

 

脱毛完了までの期間は、光脱毛が3年だとすると、クリニックでは1〜2年です。

 

「来年の夏までには」など、リミットのある方におすすめです。

 

 

その他、「料金が安い」「仕上がりが自然」などを思い浮かべた方もいると思います。

サロンやクリニックの詳細な特徴については、次の項目で店舗ごとにまとめていますので、チェックしてみてください。

メンズ全身脱毛におすすめのクリニック及びサロン紹介

最後に、「あなたにとってどんなサロン・クリニックが適しているのか?」をサロン・クリニックごとにご紹介していきます。

 

ブランドごとに、脱毛方法・脱毛可能部位・費用・営業時間などをまとめていますので、比較して検討材料にしてみてください。

RINX(リンクス)

メンズ脱毛サロン業界でも有数の「51店舗」という店舗数を誇るRINX。

 

「業界最大手」と言っても過言ではないほど、全国で人気を誇っています。

 

人気の理由は

・痛みを最小限に抑えた&男性の毛に特化したRINXオリジナルの脱毛機器を使用

・男性の脱毛のみ専門に行っている

・全てのスタッフが男性

という、まさに「男性による・男性のためのサロン」であること。

 

特に、脱毛ビギナーの方に好評を得ています。

RINXの詳細
店舗数 全国に51店舗
営業時間 平日▶︎12:00〜21:00 土日▶︎11:00〜20:00

※店舗により異なる

脱毛方法 光脱毛
脱毛可能部位 全身脱毛(VIO含む)全身脱毛の相場
全身脱毛の相場 8回保証:63万円(税込)
向いている人 ・脱毛初心者さん

・肌が弱く痛みに弱い人

メンズTBC

メンズTBCは、脱毛以外でも豊富なエステメニューを取り揃えている「男性専門」のエステサロン。

 

女性向けのエステサロン『エピレ』から誕生したサロンなので、エステティシャンならではの豊富な知識のもと、脱毛のアドバイスをしてくれます。

 

また、脱毛はニードルによるものなので、永久脱毛が可能です。

メンズTBCの詳細
店舗数 全国に49店舗
営業時間 (平日)12:00〜21:00

(土日)10:00〜20:00

(祝日)10:00〜19:00

※一部店舗例外あり

脱毛方法 ニードル脱毛
脱毛可能部位 全身(VIO除く)
全身脱毛の相場 1本132〜145円
向いている人 ・日焼けを理由に他店から脱毛を断られた人

・白髪の人

・永久脱毛を求めている人

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックでは、5種類の医療レーザーを組み合わせて、個人の肌質・毛質に応じた脱毛をしてくれます。

 

・毛が太い人/薄い人

・肌が弱い人/強い人

・完璧にツルツルにしたい人/自然に仕上げたい人

 

など、個人の細かな要望に応じてくれるので、年代問わず人気です。

ゴリラクリニックの詳細
店舗数 東名阪を中心に18店舗
営業時間 11:00〜20:00
脱毛方法 医療レーザー脱毛
脱毛可能部位 全身脱毛(VIO含む)
全身脱毛の相場 5回コース:49万8000円円(税抜き)
向いている人 ・痛みに強い人

・期間の早さを求めている人

湘南美容外科クリニック

美容整形外科の大手である湘南美容外科クリニックは、他のクリニックよりもリーズナブルなレーザー脱毛を実現。

 

「医療脱毛は敷居が高い」という従来のイメージを覆すきっかけともなりました。

湘南美容外科クリニックの詳細
店舗数 店舗数国内・海外に100院以上
営業時間 10:00〜23:00※一部店舗例外あり
脱毛方法 医療レーザー脱毛
脱毛可能部位 全身脱毛(VIOの取り扱いは一部院のみ
全身脱毛の相場 6回コース:29万3330円(税込)
向いている人 ・女性のカウンセラーでも気にならない人

・とにかく安く済ませたい人

ダンディハウス

デザイン対応力が抜群のダンディハウス。

 

メンズ脱毛サロンとしては珍しい「ニードル脱毛×光脱毛」をブレンドした、オリジナルの脱毛方法(ブレンド脱毛)が特徴です。

 

脱毛メニュー以外にも、多種多様なエステメニューを取り揃えており、

・ダイエット ・フェイシャルフィットネス

など、健康とエイジング系のメニューも豊富です。

店舗数 全国に35店舗
営業時間 (平日)11:00〜21:00(土日祝)10:00〜19:00

※一部店舗例外あり

脱毛方法 ニードル脱毛×光脱毛
脱毛可能部位 全身脱毛(VIO除く)
全身脱毛の相場 60分:2万円(税抜き)
向いている人 ・自然な生え方による薄さを求めている人

・安さよりクオリティ重視の人

まとめ

全身脱毛は、少し費用はかかってしまいますが、男性のエチケットとして浸透しつつあります。

 

計画性を持ってさえ臨めば、「後悔した」なんてことはありません。

 

なりたい姿を明確に想像し条件を整理して、自分にあった脱毛方法を見つけてくださいね。

まとめ

  • 男性も全身どこでも脱毛可能
  • 全身脱毛に好意的な女性も多い
  • 求める条件の優先順位をつけてサロンを選ぶべし
  • 費用・期間・回数などは、脱毛方法で異なる

 

今回挙げた内容も参考にしながら、全身脱毛ができるサロン、クリニックにまずは話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか?

全国のヒゲ脱毛おすすめランキング

▼この記事を書いた人

Shinya

Shinya age : 28

ヒゲ脱毛専門ライター / ライター歴4年

高校生の頃からヒゲが濃く、『ヒゲヅラ』というあだ名で呼ばれて学生時代ずっと嫌な思いをしてきた。社会人になってからヒゲ脱毛を行い、人生がガラッと変わり、ヒゲ脱毛の素晴らしさを発信していこうと決意。ヒゲに悩む世の男性陣の味方!

Tags

  • twitter
  • facebook
  • LINE
関連記事
人気おすすめ記事BEST5
HOME